waverider

WR-72 DUAL MIC PREAMP

WR-72 DUAL MIC PREAMPは有名なNEVE1272モジュールを使ったマイクプリアンプを オリジナルとの互換性を持ったアンプカードとオリジナルにはない拡張機能を搭載する形で 設計、開発された画期的な商品です。

NEVEで最も有名なのは1073モジュールですが、1272は特定のゲイン値までは1073と同じ 回路(BA283アンプカード)で駆動しています。
1272と1073のプリアンプ部の違いは1073は普段使わないような高ゲイン値において二段目の アンプ回路(別のアンプカードと二段ゲインになる)を使用するという部分であり、通常のレコーディングに おいて滅多にそのような高ゲイン値は使用されません。

WR-72は一般的な1272モジュールがゲイン値-25や-20からスタートするところを-15からスタートしています。
これにより大音量楽器の収録においても多くの場合でPADが不要になりました。
(もしライン接続で使われる場合はXLR接続の市販のPADを接続してください。)

ローカット(50Hz) レコーディング現場からの要望を反映して搭載されました。
数値もプロトタイプでの試験の結果50Hzとなりました。
不要なローをカットできます。
位相反転 シグナルの極性を反転させます。
+48Vファンタム コンデンサーマイク使用時に使うファンタムです。
+48Vが流れます。
入力インピーダンスセレクト 入力インピーダンスを300Ω、1200Ωで選択できます。
AGE SWITCH 擬似的に新品からビンテージまで経年変化をエミュレートします。
2-1-0(真ん中)の順に経年変化が進み、ピークが抑えられます。
大きな信号の入力時に変化がわかりやすく、ディエッサーのような効果があります。
この音色変化がビンテージ個体が愛される理由の一つです。
(切り替え時にはノイズが出ます。出力を絞るか、レコーダーの入力やスピーカーをミュートして切り替えてください。)
VBフィルター 出力トランス付近で超高域をコントロールします。 V=Vocal、B=Bassとしていますが、Vが一般的な1272の定数、Bは超高域がなだらかになります。可聴域外のコントロールが可聴域内の音像に影響を与えます。
Bassやアコースティックギターなどで顕著な効果が得られます。
スピーカーの上部の空気の変化を意識して試してみてください。

これら各種の機能をフロントパネルから瞬時に操作し、1272の個体差のバリエーションを再現。
サウンドキャラクターを思いのままにコントロールすることができます。

ピーキーな楽器や金物、シャウトなどを受け止めるためにAGEを0にしたり、アコースティックギターの超高域を VBフィルターで抑えてボーカルと分離させたり、ビンテージ感のいらない極めてモダンなサウンドが必要な場合は AGE2にして対応できます。

設計はWR-81同様にオリジナルと互換するアンプカードから作成していますので本家ビンテージ品同様の メンテナンス性を誇ります。

WR-72はもはや伝説と言えるビンテージNEVEが愛される理由を経年変化とサウンドの変化から解析し、 サウンドメイクに取り込んだ世界でも画期的な機構を持った製品です。

  • input
  • XLRマイク ×2
  • output
  • XLRバランス ×2
  • 機能
  • 5dbステップゲイン入力
  • 5dbステップ出力アッテネーター
Price

WR-72本体 ¥300,000 +税

WR-24PSU ¥30,000 +税

お問い合わせはこちらから